旅行

ハノイ 観光

雄大な景色が広がる世界遺産に感動!ベトナム・ハノイのおすすめ観光スポット20選

日本各地からLCCが就航するようになったベトナムは、ぐっと身近な存在になりました!その中でも首都であるハノイには有名な見どころや世界遺産もあり、一度は行っておきたいエリアです。今回はそんなハノイのおすすめスポットを20か所紹介します。

ハノイの基本情報

・時差:-2時間 ※日本よりも2時間遅い
・言語: 公用語はベトナム語
・通貨:約5,000ベトナムドン=約24円
・気候:温帯と亜熱帯の移行部にあり、年間の気温差が大きいのが特徴です。5~10月の雨季は30℃前後の日が続き、雨量も多いです。冬は10℃近くまで落ち込むこともあるので、防寒具を持っていきましょう。

ハノイの定番観光スポット

ハロン湾

ハノイを代表する観光地といえば、なんといっても「海の桂林」と呼ばれるハロン湾。ベトナムを代表する景勝地で、海面から突き出た無数の石灰岩が作り出す不思議な景色は世界自然遺産にも登録されています。ハロン湾一帯は中国南部から続く広大なカルスト地形の一部であり、この独特な外観は長い歳月をかけて風などに侵食され、形成されたものです。オプショナルツアーもたくさん組まれているので、自然の雄大さを感じたい人はぜひ参加してみてください。

・アクセス:ミーディンバスターミナルからバイチャイ停留所まで約3時間。そこからハロン湾中心部までは車で約15分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%B9%BE/@20.8437292,107.0095392,11z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x314a5796518cee87:0x55c6b0bcc85478db!8m2!3d20.9100512!4d107.1839024?hl=ja)

ハノイ大教会

ハノイ大教会は別名セントヨセフ教会といい、ハノイで最も大きな教会として知られています。1886年に仏教跡地に建立された教会で、2つの尖塔を有するネオゴシック様式が特徴的です。正面広場の中央にはイエスを抱いている聖母マリア像があります。教会内部には美しいステンドグラスが飾られていて、幻想的な空間が広がっています。ハノイ周辺のカトリック信者にとっては、信仰の中心ともいえる教会です。毎日5時半と18時前後にミサが行われていて、特に日曜日は1日6回行われるため、興味のある人は参加してみてはいかがでしょうか。

・アクセス:鉄道ハノイ駅から車で約10分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E8%81%96%E3%83%A8%E3%82%BB%E3%83%95%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82/@21.0286707,105.8466236,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab95a5b2b14b:0x3205cf3a89e568af!8m2!3d21.0286657!4d105.8488123?hl=ja)

ハノイ駅

ハノイの中心ターミナルの存在であるハノイ駅。ハノイ駅から徒歩15分ほど離れた場所にハノイB駅もあるので、間違えないようにしましょう。ハノイ駅からはホーチミンやフエ、ダナン、ニャチャンなどさまざまな方面への列車が出ています。中国の北京への国際列車も運行されていて、構内にはさまざまな人種が見られます。チケット売り場は行き先行き別に窓口が設けられています。

・アクセス:ノイバイ空港から車で約45分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%82%A4%E9%A7%85/@21.0246622,105.8389165,17z/data=!4m8!1m2!2m1!1z44OP44OO44Kk6aeF!3m4!1s0x3135ab9a7934d205:0xe218215e86cdaf10!8m2!3d21.0242529!4d105.841029?hl=ja)

チョ・ドンスアン市場

旧市街地区にあるチョ・ドンスアン市場は、ハノイ中心部最大の市場として知られています。市場が多いベトナムですが、街の雰囲気を感じたいと言うことであれば、チョ・ドンスアン市場がとりわけおすすめ。3階建ての建物になっていて、1階には日用品やお土産物店、2階や3階には衣料品の店が所狭しと並んでいます。特に綿やシルク生地の品揃えが豊富で、リーズナブルに購入できます。建物周辺で販売されている生鮮食料品を見るのも楽しいもの。どのお店も、街中のギフトショップで購入するよりやや安いため、お土産選びにぴったりです。毎晩北側には19時から翌2時までフォーや肉料理、鍋料理などの屋台が並びます。

・アクセス:鉄道ロンビエン駅から歩いてすぐ。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4/@21.0382289,105.8474064,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abb8e1be4fd3:0x7ab3290885caed01!8m2!3d21.0382239!4d105.8495951?hl=ja)

ハノイ旧市街

ホアンキエム湖の北側に広がるハノイ旧市街は、北部の観光ハイライトとして知られています。ハノイ36通りと呼ばれるこのエリアは以前から商業の町として栄えていて、現在もバッグや靴など、さまざまなお店が見られます。竹屋通りでは竹製の水タバコを購入できるなど、日本とは全く異なる趣のアイテムを見つけられるでしょう。お菓子通りやハンドバッグ通り、衣料品通りなど、個性豊かな路地が入り組んでいて、どれだけ時間があっても回り切れないほどです。週末はナイトマーケットも開かれるので、そのタイミングで訪れてみるのもおすすめです。

・アクセス:ノイバイ空港から86番バスに乗車してロンビエンバスターミナルで下車。所要時間約40分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%82%A4%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97/@21.034064,105.8484481,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abbe12384aa7:0x595317f27fe2548e!8m2!3d21.034059!4d105.8506368?hl=ja)

タンロン遺跡

1010年から1804年の間、ベトナムの都が置かれていたタンロン遺跡は、旧ハノイ城跡とも呼ばれています。ベトナムに8個ある世界遺産のうちのひとつで、6番目に登録されました。かつては入域制限されていましたが、2005年からは一般公開されているので、ぜひ一度訪れて当時の様子を感じてみてください。ただし、現在も再調査・発掘のために入域制限されているところはあります。最大の見どころである端門は門を入ってすぐのところにあり、入場料は大人一人約150円です。バック門(正北門)へ行くときには一度敷地を出なければならず、そちらに入場する際にもチケットが必要になります。

・アクセス:ホーチミン廟から徒歩で約15分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E9%81%BA%E8%B7%A1/@21.034386,105.8379255,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135aba3381d7c49:0xb521a7d98f582937!8m2!3d21.034381!4d105.8401142?hl=ja)

玉山祠

ホアンキエム湖の浮島にある玉山祠(ぎょくさんじ)はかつて大亀が渡した剣で中国軍を打ち破ったという伝説があり、現在は亀とベトナムの英雄を祀る祠となっています。パワースポットとしても有名で、英気を養おうとする人々の姿でにぎわいます。剥製の大亀の存在感は抜群で、思わず圧倒されてしまうほど。夜間は亀の塔がライトアップされ、朱塗りが特徴的なフク橋を渡って行くとロマンティックな風景に出会えます。入場料は大人一人約150円です。

・アクセス:ハンコ駅からタクシーで約15分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/Temple+of+the+Jade+Mountain/@21.0307332,105.8501506,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abc000809ea7:0xbb2716ec0282371d!8m2!3d21.0307282!4d105.8523393?hl=ja)

ホアンキエム湖

ホアンキエム湖はハノイ市街の中心にある湖で、別名ホー・グオム湖とも呼ばれています。ホン河の浸食でできた三日月湖とも考えられていて、16世紀ごろには2つの湖に分かれていたため、左望湖という名称でした。湖の南には亀の塔が建てられていて、パワースポットとして人気です。普段は池の周りでジョギングや体操をする地元人たちでにぎわっています。

・アクセス:ハノイ劇場から徒歩で約10分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%82%A8%E3%83%A0%E6%B9%96/@21.0287797,105.850176,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab953357c995:0x1babf6bb4f9a20e!8m2!3d21.0286669!4d105.8521484?hl=ja)

ナイトマーケット

ベトナム国内に複数存在するナイトマーケットの中でも最大規模を誇るのが、旧市街にあるナイトマーケットです。金~日曜日の19~24時頃まで開催されていて、約300mの道には数百もの屋台が立ち並び、熱気に包まれています。入口はホアンキエム湖から歩いてすぐの場所にあるため、ホアンキエム湖とあわせて散策してみましょう。雑貨や衣料品、食料品がたくさん並んでいますよ。またナイトバーも点在していて、アルコールをたしなむこともできます。

・アクセス: ホアンキエム湖から歩いてすぐ。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88/@21.0334054,105.84875,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abbfa0110ec7:0xa1e04f40ef4d00b8!8m2!3d21.0334004!4d105.8509387?hl=ja)

タンロン水上人形劇場

ベトナムに来たとなれば、一度は体験しておきたいのが水上人形劇。ハノイを代表するエンターテイメントです。水面を舞台にして繰り広げられる人形劇は3~5分の短編9話で構成されています。ベトナム伝統楽器の演奏に合わせて、伝説や民族話などが人形たちによって綴られていきます。言葉が理解できなくても、人形の動きを見ていればある程度理解できるので楽しめます。
ハノイ市内にいくつか劇場がありますが、ベトナム庶民の英雄であるホーチミン主席によって建てられたタンロン水上人形劇場はとりわけ有名で、毎日5回の公演が行われています。料金は大人一人約600円です。カメラやビデオ撮影は有料になるので、気をつけましょう。

・アクセス:ハノイ劇場駅から徒歩10分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E5%8A%87%E5%A0%B4+(Nha+Hat+Mua+Roi+Thang+Long)/@21.0317068,105.8511528,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abc013454289:0x4e5ea7a5d23aad1c!8m2!3d21.0317018!4d105.8533415?hl=ja)

ルオンヴァンカン通り

旧市街の目抜き通りであるルオンヴァンカン通りには、女性好みのキュートで少しキッチュな雑貨やおもちゃがたくさん販売されています。またベトナムの民族衣装であるアオザイをオーダーメイドできるお店もあり、観光客でにぎわっています。バインバオと呼ばれる、ベトナムの肉まんの屋台がたくさん出ているエリアとしても有名です。

・アクセス:ホアンキエム湖から徒歩約5分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/L%C6%B0%C6%A1ng+V%C4%83n+Can,+Ho%C3%A0n+Ki%E1%BA%BFm,+H%C3%A0+N%E1%BB%99i,+%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0/@21.0323534,105.8485125,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abbfbb1dd54b:0x9b29c8150b96daf7!8m2!3d21.0323484!4d105.8507012?hl=ja)

ロンビエン橋

旧市街の北側のロンビエン駅からホン河を渡ったロンビエン地区を結ぶ、約1,700mの鉄道橋がロンビエン橋です。ハノイのシンボルのひとつであるロンビエン橋は100年以上の歴史を誇り、現在はバイク道と歩道が設けられています。橋の中間からは川を見渡すことができ、サンセットスポットとして若者やカップルに人気です。ただし夕方以降は治安がやや悪くなるので、女性の一人歩きは避けましょう。橋の歩道を徒歩で渡っている人がいますが、実際は禁止されています。

・アクセス:鉄道ロンビエン駅から歩いてすぐ。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%B3%E6%A9%8B/@21.0437409,105.8575513,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab55bf280823:0xa7c1b0c01456a12a!8m2!3d21.0437359!4d105.85974?hl=ja)

ホーチミン廟

ベトナム建国の父と呼ばれたホーチミン主席が眠るホーチミン廟。1975年9月2日の建国記念日に作られた廟であり、ホーチミン主席の遺体はガラスケースの中に安置されています。今でもベトナム全土から参拝に訪れる人が絶えません。入場は無料ですが、バックやカメラなどは入り口横のラゲージルームに預ける必要があります。ガイドツアーもあるので、事前に申し込んでおくのも良いでしょう。1列に並んで入場しなければならないため、入場に時間がかかることもあります。

・アクセス:ハノイ駅からタクシーで約10分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3%E5%BB%9F/@21.0367839,105.832456,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135aba15ec15d17:0x620e85c2cfe14d4c!8m2!3d21.0367789!4d105.8346447?hl=ja)

バッチャン村

ハノイ市街から約10Km南東へ走ったところにあるバッチャン村。古くから陶器の村として有名で、村内のいたるところでレンガ造りの窯が見られます。現在も大小約100軒の工房があるので、お土産にコーヒーカップや一輪挿しを購入してみてはいかがでしょうか。観光客用の店も多く、お気に入りのデザインを見つけることができます。ただし6~9月の雨季に雨が降ると村全体が水没することがあるため、要注意です。

・アクセス:ハノイ市内から車で約30~60分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0+%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%82%A4+%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E7%9C%8C+%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E6%9D%91/@20.9792792,105.9073018,15z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135aedda39fc3ab:0xd95efc44d1f2de9a!8m2!3d20.9773791!4d105.9136226?hl=ja)

ホーチミンの家

ベトナムの英雄であるホーチミン主席が暮らしたホーチミンの家は、現在は観光スポットになっています。敷地内にはホーチミンが実際に執務を行った大統領府や、ホーチミンが使用していた車が展示されています。なお、大統領府は見学できません。ホーチミンの書斎にはマルクスやレーニンの肖像画が飾られています。ホーチミンが愛用した時計や本、実際に使っていた机やベッドなどからは、素朴で庶民的だったホーチミンの人柄が伝わってくるでしょう。北西側一帯にはバックタオ公園(ボタニカル・ガーデン)があり、珍しい植物を目にすることができます。バックタオ公園の入場料は約200円です。

・アクセス:ホーチミン廟から歩いて約3分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%AE%B6/@21.0381489,105.8309621,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135aba6cb40909b:0x15d0fe7c07f55c3b!8m2!3d21.0381439!4d105.8331508?hl=ja)

地元民も知らない!ハノイの穴場観光スポット

ホアロー収容所

ベトナム戦争当時、ベトナム人民軍の捕虜収容所として使われていたホアロー収容所。19世紀末にフランスによって作られた監獄です。現在は完全に閉鎖されていますが、1㎢の敷地内には最大で2,000人以上収容されていました。施設の半分以上は取り壊されて、高層ビルが建ってしまいましたが、一部は歴史的遺物として保存されています。死刑囚が収監されていた牢獄が並ぶエリアは非常に重苦しい雰囲気で、ベトナムの歴史の影を知ることができるでしょう。入場料は大人一人150円です。

・アクセス:鉄道ハノイ駅から歩いて約7分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%9B%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80/@21.02524,105.8442008,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab96aa51de95:0x9701e10bee31af54!8m2!3d21.025235!4d105.8463895?hl=ja)

ベトナム民族学博物館

さまざまな少数民族が集まって暮らすベトナム国内で、それぞれの暮らしや風俗を学べるのがベトナム民族博物館です。館内にはベトナム全土から収集された15,000点もの資料が展示されていて、図解や生活道具、模型、ビデオなどから生活ぶりを知ることができます。2015年には常設展が完成し、世界各国の文化財の展も見られます。建物の裏庭に出て、各民族の住居やお墓も見てみるのもおすすめ。火曜日から日曜日までは1日6回の水上人形劇が開演されています。入場料金は大人一人約200円で、館内には日本語の無料パンフレットや英語のガイドもあります。

・アクセス:鉄道ハノイ駅からタクシーで約30分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8/@21.040638,105.7963268,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab394353b821:0x47c950bb0f081a1c!8m2!3d21.040633!4d105.7985155?hl=ja)

オペラハウス

フランス統治時代に建てられたオペラハウス・ハノイ歌劇場は、パリのオペラ座を模して造られた本格的な劇場で、現在でも毎日のようにオペラやコンサート、演劇などの公演が行われています。ロータリー周辺には西洋建築の建物がずらりと並び、まるでヨーロッパにいるかのような感覚を覚えます。チケットはインターネットから予約可能です。またオペラハウス内の内部見学ツアーが開催されており、一人約2,000円で参加できます。夜には建物全体がライトアップされ、昼間とは異なる雰囲気を味わえます。施設内にはコーヒーショップや高級レストランのナインティーン・イレブンがあります。

・アクセス:鉄道ハノイ駅からタクシーで約15分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%82%A4%E6%AD%8C%E5%8A%87%E5%A0%B4/@21.024189,105.8556683,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abebf87e0011:0x647af200da508d2b!8m2!3d21.024184!4d105.857857?hl=ja)

鎮国寺

ホン河のほとりに建つ鎮国寺(チャンクオック寺)はリー・ナム帝によって建立されたベトナム最古の寺で、建立当時は開国寺と呼ばれていました。境内には釈迦や菩薩をはじめ、関羽やチャン・フン・ダオなどさまざまな神様や聖人が祀られています。そんな鎮国寺を湖岸から眺めると仏像や木々が湖面に写り、風情のある景色を堪能できます。

・アクセス:ホーチミン廟から車で約5分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BA/@21.0479599,105.8347512,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135abaf1da7b7af:0x767aa83a09e92b6e!8m2!3d21.0479549!4d105.8369399?hl=ja)

文廟

学問の神とされる孔子を祀っている文廟。1076年には、境内にベトナム初となる大学が開設され、数多くの学者や政治家を輩出しました。敷地内にはグエン朝時代にできたクエ・ヴァン・カックが飾られていて、ハノイの象徴のひとつとして知られています。池の周りには82の石碑があり、2011年に世界の記憶遺産に登録されました。本殿に鎮座する孔子像の前では、学業成就を祈願する参拝客が多く見られます。入場料は大人一人約150円です。

・アクセス:鉄道ハノイ駅からタクシーで約5分。
地図はこちら
(https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%96%87%E5%BB%9F/@21.0293696,105.8339746,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x3135ab9926e7bd67:0x580e078874d5df1e!8m2!3d21.0293646!4d105.8361633?hl=ja)

ハノイ旅行を準備しましょう

世界遺産から市場まで見どころたくさんのハノイは、どこに行ったらいいのか迷ってしまいそうですよね!忘れ物がないように準備を整えて、旅行の計画を立てましょう。

ハノイ行きの航空券
ハノイのホテル

・物価:日本よりもかなり物価が低いです。500mlのペットボトル1本の相場は約25円です。
・治安:繁華街ではスリや置き引き、バイクで後ろから荷物をひったくる被害が多く報告されています。また、タクシーやバイクタクシーによるぼったくりトラブルも少なくありません。タクシーを利用する場合は、事前にメーターがゼロになっているかどうかを必ず確認しましょう。
・通信:ハノイのインターネット環境はかなり良好で、ほとんどのホテルや飲食店、ホテル、ショッピング施設に無線LANが備えてあります。旅行中もパソコンやスマートフォンを使いやすいエリアです。

事前準備が万全なら、初めてのハノイ旅行でもトラブルを避けやすくなります。思い出に残る、充実した旅行にしたいものですね!

 

関連記事

  1. シンガポール 観光

    きっと充実したシンガポール旅行になる!おすすめの観光スポット20選

  2. 大連 観光

    大連おすすめ観光スポット20選。穴場スポットもまとめてご紹介!

  3. ハワイ 観光

    憧れのハワイを思い切り楽しもう!定番から穴場までおすすめのスポット20…

  4. ホーチミン 観光

    ベトナム南部にあるホーチミンを満喫!定番から穴場までおすすめスポット2…

  5. トリップドットコム本社

    トリップドットコム(Trip.com)とは?評判は悪いの?

  6. ソウル 観光

    買い物にエステに観光に!ソウル旅行で外せないエリア・スポット20選!

PAGE TOP