OTA

ソウル 航空券

ソウル行き格安航空券・LCCチケット・飛行機の最新情報

目次

2020年のおすすめソウル行き航空券

ルード 料金 航空会社
1月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 10,650円~ チェジュ航空
2月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 20,200円~ エチオピア航空
3月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 13,660円~ チェジュ航空
4月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 11,960円~ イースター航空
5月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 10,950円~ イースター航空
6月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 12,540円~ エアソウル
7月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 13,240円~ イースター航空
8月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 13,240円~ イースター航空
9月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 12,540円~ エアソウル
10月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 12,540円~ エアソウル
11月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 27,290円~
12月 東京(成田)⇒ソウル(仁川) 25,360円~ アシアナ航空

ソウル行き航空券の相場

  • 価格の相場

    ソウルへ向かう航空券の相場は、平均で2万〜2万5,000円程度です。ただし、元旦の前後や夏休みシーズンは料金が高騰する傾向にあり、4万円近くになることもあります。

  • 安い時期

    2月、平均価格は35,878円です。

  • 高い時期

    12月、平均価格は48,450円です。

ソウル旅行のベストシーズンと航空券料金

  • ハイシーズン

    5月~7月は基本的に気温は穏やかで、7月は本格的な夏日に入ります。

    航空券料金は割と高く、50,000円前後になることもあります。

  • レギュラーシーズン

    8月~11月になります。8月は暑く、9月は残暑の日は続きますが、10月は爽やかな気候になり、11月朝晩の気温は冷え込みます。

    航空券料金は26,000円~34,000円になります。

  • ローシーズン

    12月~3月は寒く、特に1月は厳しい寒さが続き、雪が降ることもあります。

    航空券料金は1万円以下になることもありますが、12月末~1月頭を避けた方法よいでしょう。

    航空券価格・気温の推移

    航空券価格 気温 シーズン
    1月 29,783円 1.6℃ ローシーズン
    2月 22,568円 4.1℃ ローシーズン
    3月 29,887円 10.2℃ ローシーズン
    4月 28,451円 17.6℃ レギュラーシーズン
    5月 30,256円 22.8℃ ハイシーズン
    6月 25,862円 26.9℃ ハイシーズンン
    7月 52,780円 28.8℃ ハイシーズンン
    8月 32,679円 29.5℃ レギュラーシーズン
    9月 27,558円 25.6℃ レギュラーシーズン
    10月 26,178円 19.7℃ レギュラーシーズン
    11月 31,745円 11.5℃ レギュラーシーズン
    12月 33,789円 4.2℃ レギュラーシーズン

日本からソウル行きの路線

日本~ソウル 就航する空港は?

ソウルには「仁川国際空港」「金浦国際空港」という2つの国際空港があります。このうち仁川国際空港には羽田空港(HND)、成田空港(NRT)、関西国際空港(KIX)、中部国際空港(NGO)、福岡空港(FUK)、新千歳空港(CTS)、青森空港、小松空港、鹿児島空港、那覇空港(OKA)、宮崎空港、仙台空港、松山空港、佐賀空港、大分空港、岡山空港、新潟空港、熊本空港、静岡空港、広島空港、高松空港、富山空港、米子空港、長崎空港が運航している。

金浦国際空港には、羽田空港(HND)と関西国際空港(KIX)が就航しています。

日本~ソウル 就航している航空会社は?

FSC(フルサービスキャリア)

日本航空(JL)、全日空(NH)、大韓航空(KE)、アシアナ航空(OZ)

LCC(ローコストキャリア

ピーチ・アビエーション(MM)、エアソウル(RS)、ジンエアー(LJ)、ティーウェイ航空(TW)、チェジュ航空(7C)、イースター航空(ZE)

日本~ソウルまでの飛行時間は?

  • 羽田空港から仁川国際空港までのフライト時間は2時間20分〜2時間40分ほどです。
  • 成田空港から仁川国際空港までは2時間30分〜3時間ほどです。
  • 羽田空港から金浦国際空港までは2時間20分〜2時間30分ほどです。
  • 関西国際空港から金浦国際空港までは1時間50分〜2時間ほどです。

ソウル周辺空港から都心までのアクセス

金浦国際空港(GMP) ⇒ 都心

金浦国際空港からソウル市内へのアクセス方法は、リムジンバス、空港鉄道A’REX、地下鉄、タクシーです。リムジンバスにはKAL、高級、一般の3種類があり、それぞれ行先や停留所の数、所要時間が変わります。市内までの所要時間は1時間〜1時間30分程度で、渋滞の影響を受けることもあります。空港鉄道A’REXは金浦空港駅からソウル駅を結ぶ鉄道で、約5時40分~0時20分の間で5分~20分間隔、所要時間約20分で運行しています。地下鉄もA’REXと同様で、金浦空港駅からソウル駅を約20分で結んでいます。

仁川国際空港(ICN) ⇒ 都心

仁川国際空港からソウル市内へのアクセス方法は、リムジンバス、空港鉄道A’REX、タクシーの3通りがあります。このうちリムジンバスにはKAL、高級、一般の3種類があり、それぞれ行先や停留所の数、所要時間が異なっています。市内までの所要時間は1時間20分〜1時間30分程度で、時間帯によっては渋滞の影響を受けるため注意が必要です。空港鉄道A’REXは仁川国際空港駅からソウル駅を結ぶ鉄道で、5時20分~23時40分の間に3~20分間隔で運行する普通(所要時間約58分)と、5時20分~21時50分の間に25~40分間隔で運行する急行(所要時間約43分)があります。

ソウルのおすすめホテル

ソウルの人気ホテル

  • ティーマーク グランド ホテル 明洞

客室からNソウルタワーが見え、景色が楽しめるホテルです。徒歩圏内に地下鉄の会賢駅があり、ソウル駅までの距離も800mほどです。ホテルの周辺には明洞聖堂や東大門などの観光地があるため、休憩を挟みつつのんびりと見学できます。日本語に対応できるスタッフもいるため、初めての韓国旅行でも安心です。ホテル内にはおしゃれなレストランやカフェもあり、特別なひと時を過ごすことができます。

  • ウェスティン 朝鮮 ホテル ソウル

モダンで清潔感のある内装が魅力の、景色だけでなく室内で特別な雰囲気も味わえるホテルです。レストランのほかエグゼクティブラウンジもあります。スパやサウナも充実していて、旅の疲れをしっかり癒すことができます。部屋のバリエーションが豊富なため、利用シーンに合わせて選択できます。

  • ソウル 新羅 ホテル

窓からの眺めがよく、ソウルの街の雰囲気を室内にいて感じることができるホテルです。空港への送迎サービスがあるため、交通手段に迷うこともありません。地下鉄の東大入口駅から400mの場所に位置しており、観光の拠点としても便利です。宿泊客の満足度も高く、旅行の特別な気分を高めるにはぴったりのホテルといえます。

空港周辺のホテル

永登浦駅まで約4km、金浦国際空港まで約7km、移動に便利です。塩倉駅が徒歩圏内にあります。ソウル色公園まで5km、Sealala Spa and Waterparkまで4kmと、観光に非常に便利な立地となっております。

忙しい一日の締めくくりには、夜の街を楽しんだり、館内でくつろいだりしてお過ごしください。ソウルの当施設には、駐車場が併設されています。

メイフィールド ホテル ソウルは、ソウルの現地の雰囲気を感じたいお客様にお勧めの施設です。金浦国際空港までたったの1kmと、非常に便利な立地です。 当施設から金浦国際空港までわずか2km、永登浦駅まで9kmと、交通が非常に便利です。麻谷駅が徒歩圏内にあります。

金浦国際空港(金浦空港)までわずか8km、Yongsanまで11kmと、交通が非常に便利です。天旺駅が徒歩圏内にあり、市内観光に非常に便利です。GOCHEOK SKY DOMEやD-Cube Cityなどの多くの観光名所が、車ですぐの距離にあります。

よくあるご質問

1ソウル行き航空券の相場は?

35,078円です。 ※この価格は随時に変動するため、目安として参考にしてください。

2ソウル行き航空券の高い時期は?

7月です。7月のソウル行き航空券の平均価格は52,780円です。

3ソウル行き航空券の安い時期は?

2月です。2月にソウル行きの航空券の平均価格は22,568円です。

4ソウル周辺の空港は?

ソウルには「仁川国際空港」「金浦国際空港」という2つの国際空港があります。

5ソウルまで就航している人気航空会社は?

大韓航空(KE)、アシアナ航空(OZ)、ジンエアー(LJ)、ティーウェイ航空(TW)、チェジュ航空(7C)になります。

ソウル旅行のしおり

ソウルの基本情報

  • 国名:大韓民国
  • 宗教:仏教、キリスト教、儒教など
  • 言語:韓国語
  • 気候:ソウルは、日本のように四季が明確に分かれています。まず、ソウルの春は3月から5月ごろまでです。ただし、3月の平均気温が10度を下回るのに対し、5月になると平均気温は約18度にもなります。ソウルの夏は6月から8月にかけての時季で、蒸し暑いのが特徴です。特に6月中旬から7月中旬にかけては梅雨の時季とも重なっています。最も暑い8月の平均気温は約26度ですが、9月になると少しずつ秋めいてきて、11月にかけてイチョウやケヤキなどの黄葉の鮮やかさが目立ってきます。12月から2月ごろの冬の時季には寒さがかなり厳しくなります。気温はマイナス15度程度まで下がることも珍しくなく、ソウルのシンボルともいえる漢江が凍る場合もあります。
  • 時差:なし
  • ビザ:観光目的で90日以内の滞在であれば不要です
  • 治安:ソウルの治安は比較的安定した状態だといえます。ただし、油断しているとトラブルに巻き込まれる可能性もあるため注意は必要です。たとえば、周囲の人が日本語の会話を理解できないだろうと考えて不用意な発言をしてしまい、問題につながるケースもあります。さらに、所持品から少し目を離しただけで置き引きやスリの被害に遭うこともあります。旅行する際は一定の警戒心を持ったうえで行動することが大切です。

ソウルのおすすめ観光スポット

  • 景福宮

景福宮は、14世紀末の朝鮮王朝時代に初めて建てられた宮殿です。ソウルには5大宮と称される5つの宮殿がありますが、その中でも景福宮は最も大きな規模を誇ります。朝鮮王朝の伝統や文化を感じたいなら、ぜひ訪れてみるといいでしょう。景福宮はソウルの中心地にあるため、観光客にとって訪れやすいスポットです。

Nソウルタワーは、標高262メートルの南山頂上にそびえています。ソウルのランドマークとなっていて、韓国を訪れたらぜひ立ち寄りたいスポットです。Nソウルタワーの高さは236.7メートルで、ソウル全体を見下ろしながら360度の景色を楽しめます。ドラマやバラエティー番組のロケ地としてもよく利用されています。

  • 仁寺洞

仁寺洞は、韓国の伝統的な街並みが楽しめるスポットです。伝統工房やギャラリーなどが集まっていて、韓国の独特な雰囲気を肌で感じることができます。お土産を買うのにもおすすめの場所です。また、カフェもあるため、ゆっくり過ごすことも可能です。観光客にも人気が高く、多くの外国人が訪れています。

ソウルの人気グルメ

  • サムギョプサル

サムギョプサルは、ジューシーな豚肉を野菜とともに焼いて食べる料理です。サムは三、ギョプは層、サルは肉を意味し、三枚肉と呼ばれるばら肉を表しています。香味野菜や調味料で味付けをするため、ついつい箸が伸びてしまうおいしさです。韓国では、サムギョプサルが外食や飲み会の場面などでよく食べられています。

  • サムゲタン

サムゲタンは、若鶏の腹の中にもち米や高麗人参などを詰めて煮込んだもので、韓国の伝統的な料理の一つといえます。箸でつつくと簡単にほぐれるほどやわらかく、鶏肉から出ただしによりコクのある味わいとなっているのが特徴です。鶏の旨みが詰まっていて、暑くて食欲がない季節でも箸が進みます。

  • 韓国粥

韓国粥は、水やだしで米やもち米粉を煮詰めて作ります。味わいがあっさりしているため、食べ歩きをして胃が疲れている場合や二日酔いのときでもおいしく食べられるでしょう。具材やトッピングにはいろいろな種類があり、海産物や野菜などさまざまな食材の味が楽しめます。なかにはアワビやウニなどを使った贅沢な粥を提供している店もあり、日本人観光客にも人気です。

ソウル現地の移動

韓国と海外を結ぶ仁川国際空港からソウル市内へ向かうには、空港鉄道「A’REX」、バス、タクシーなどの交通手段があります。空港から市内までの所要時間は、鉄道で60分程度、車なら60~80分程度です。さらに、ソウル市内を巡るための交通手段としても、地下鉄、バス、タクシーが利用できます。市内は交通網がかなり発達しているため、早朝から深夜まで移動が可能です。ソウルでの移動は、交通カード「T‐money」を使うのが一般的です。たとえば地下鉄を利用する場合、1回あたりの一般料金は110円程度でで、乗車する距離が10kmから50kmまでは5kmごと、50kmを超えた後は8kmごとに約10円が加算されます。なお、T‐moneyを使用すると、料金が割引になる場合もあります。

ソウル現地の通信

韓国のWi-Fiの普及率が非常に高い国(日本より高い)。駅、空港、ホテル、観光スポットなどは、旅行者が訪れる様々な場所にフリーWi-Fiが整備している。なお、公衆Wi-Fiスポットのため、通信速度が遅く、セキュリティも心配です。そのため、渡航する前に、韓国向けWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

ソウルの注意点

韓国にはチップの習慣はありません。そのため、基本的にはチップを要求される場面はなく、仮にチップを要求された際に断っても問題はありません。また、韓国の水道水は日本の軟水とは異なり硬水です。水道水は飲み水として利用できますが、ホテルによっては推奨していない場合もあるため、飲まないようにしたほうが無難でしょう。飲み水はコンビニなどで売られているミネラルウォーターや備え付けのウォーターサーバーを利用するのが安心です。加えて、韓国のコンセントの電圧は220Vが主流なので、あらかじめ持参する機器の対応電圧を確認しておくといいでしょう。さらに、電源プラグの形状は3種類あり、日本と同じ場合もありますが、変換プラグを使えば他の種類のコンセントにも対応可能です。

ソウル行きの人気路線

 

ソウル周辺都市の人気路線

 

 

 

関連記事

  1. 中国のおすすめホテル

  2. 福岡

    東京~福岡の飛行機・LCCチケット・格安航空券の最安値比較

  3. 新型コロナウイルス 世界各国の入国制限情報

  4. トリップドットコム本社

    トリップドットコム(Trip.com)とは?評判は悪いの?

  5. 京都のおすすめホテル

PAGE TOP